ウクライナで髪を切る。オーダー「シェフチェンコで!」結末やいかに!!

ウクライナ

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周(西回り)へ
にほんブログ村ドープリ(こんにちわ)

またびのまさるです。


今回もどうでもいい内容を書きます。

少しライトに、だいぶライトに。

結構情報量盛り込んだ記事は書くのに労力がかかるので、たまには息抜きの記事も挙げさせてください。

では

海外で髪を切るのは”勇気”がいる。そんな時の作戦は、”写真を見せる”
旅に出て3ヶ月も経つと、さすがに髪を切らないと、襟足が伸び放題になってしまう。
前回はキルギスで髪を切りました。その時のオーダーは

「キルギスタン・スタイルで!」

って自信を持って言ったけど、いまいちリアクションが悪くて、結局、前髪はどれくらいかとか聞かれながら切りました。

なので今回は、他の旅人から聞いた写真を見せる作戦でいきました。

ウクライナといえば

そう

シェフチェンコ!サッカー選手。ACミランの英雄です。

サイドも短く、前髪も短くなるだろうとの予想。

今回髪を切ったのはこんな店!男子は60UAH(235円)、女子は90UAH(353円)

まあこれ見て行こうって人は、1億人に1人いるかってくらいだろうけど、解説します。

メトロの「Politekhnichnyi instytut」の駅から5分くらいです。この駅は、大学があるので学生が多い。それで駅からこの床屋までの道はおじちゃん、おばちゃんが青果とか小物の露店を出している。さらにスーパーもあってキエフの中心部よりも庶民的。

この近くのsmile H hoselに泊まっていた。

Smile-H, Kiev, Ukraine
Situated in Kiev, Smile-H offers a shared lounge. The property is located 3.1 km from St. Volodymyr's Cathedral and 3.5 km from Saint Sophia Cathedral.

1泊8ドルくらいでキエフのドミにしては少し高いけれど、綺麗です。

小さな店が並んでいる一角のオレンジ色の店が床屋さんです。ガラス張りなので外から見えるので迷いません。

入り口の機械で支払いします。

特に「いらっしゃいませ」なんて言われません。

あっ来たのって感じです。

レシートが出てきます。この辺は新宿の1000円カットと変わりません。

席に案内されます。

それでおきまりの

シェフチェンコの写真投入!

おばちゃんは、シェフチェンコって感じで鼻で笑いました。

そこからハサミで結構丁寧に。

バリカンでサイドはある程度攻めるのかと思っていた(キルギスではバリカンだった)

意外にもおばちゃんは丁寧に時間をかけてやってくれた。

写真左の青いTシャツは、バリカン魔でなんでもバリカンで10分以内に仕上げてた。

カットの仕方は日本と全然違って面白い。サイドは多分、刈り上げみたいになるのだけれど、日本だとハサミを横にしていれるけれど、ウクライナではスキバサミで縦に入れてきた。

これ大丈夫か?

多分日本みたいにかっちり刈り上げるというよりは、少しソフトに仕上がるのだろう。

僕の後にいたお客さんも切り終わり、店内は僕とおばちゃんだけになる。

話ができないから、ハサミの音だけが響く。

申し訳ないおばちゃん、ここで面白い会話の一つでもできればいいのに。

おばちゃんは、サイドのもみあげはどのくらいにするかを聞いてきた。

あとは後ろの襟足をどうするか、短く切り揃えるか、少し残すかみたいな事も聞いてきた。

言葉が分からなくても、だいたい聞かれることは一緒です。

仕上がりはこんな感じ やっぱりのアジア顔

 足す

アジア顔でした。

シェフチェンコならぬチナチェンコでした。

顔の中身は変わりません。

髪型ももっと短いかと思ったけれど、おばちゃんは割としっかり仕上げてくれました。

50分300円は本当ありがたい。

これであと3ヶ月は髪を切らなくて大丈夫。

以上。

旅先での髪切り体験でした。

 
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コメント