2019-01

アフリカ

【ケニア🇰🇪】光と影 自然界の調和と人間界の弱肉強食

ケニアは7日間。 僕が行ったツアーは二つ。 一番メジャーなマサマラツアー(サファリとマサイ族に会う2泊3日) とキベラスラムというインドのムンバイに次ぐ世界で2番目に大きいスラム街のツアーに行きました。 その様子を記します。
アフリカ

【2019年】情報・エチオピアまとめ 宿、移動情報、観光スポット、民族巡れない、モヤレケニア国境越え情報もね

エチオピア情報をまとめます。 計23日間 アジスアベバ(Addis Ababa)→メケレ(Mekele)→ラリベラ(Lalibella)→デシー(Dessie)→アジス→アワサ(Hawassa)→ジンカ(Jinka)→ハナ(Hana)→コンソ(Konso) ケニアへの陸路の国境越え情報も載せました
アフリカ

【ここが変だよ!エチオピア】オリジン・オブ・ランド エチオピアの愛すべき個性

前回と前々回でインジェラと嘔吐と最恐バスを書いたため、エチオピアを僕が殊更嫌っているのではないかと誤解をされそうなので今回は、エチオピアのいいところを紹介したい! といいながら タイトルが「ここが変だよ!エチオピア」 だってエチオピアは変なんです。 でもそれが愛おしくなるのです。
アフリカ

【史上最恐のバス移動】ゲロ・腰痛多発 エチオピアにあるエルサレム・ラリベラへの道はまさにヴィアドロローサ(苦難の道)

水曜どうでしょうでサイコロ・深夜バスの旅を僕は好きでよく見ています。 でも世界にはあるんですね。 どうでしょうを軽く超える 最恐のバスが そうここエチオピアのありました。 その名も嘔吐と腰痛と満員のバス。
アフリカ

世界よ、これがインジェラじゃ!エチオピアの真髄はこのインジェラにあり!

みなさんエチオピアの主食インジェラを知っていますか? クレープみたいですけどよく見ると牛の小腸のセンマイにも似ています。 テフという穀物をすりつぶして、クレープのように焼き上げるのです。 でもこのインジェラ。 旅人にはえらく不評です。 理由は味とビジュアルがあるものを想像してしまうのですね。